ミックスウェーブの情報サイト

最新情報やコラムをお届け!

レコーディング

オーディオ

強力な除菌システムで、イヤホンやマイクなどを清潔に「Viola Wave」のステリライザー

今や除菌は、呼吸器に近い機器を使用するすべての活動の安全性を確保するために不可欠なプロセスとなっており、中でもマイクロホンやイヤホンはリスクの高い機器の一つです。 ViolaWave は紫外線とオゾンの両方で細部まで除菌するため、手が触れるハンドル部分からグリルの内部まで、しっかり除菌可能。また、形状を問わないため、デリケートなダイアフラムが故に掃除が困難とされていたコンデンサーマイクにも使用できます。
よみもの

「とにかく音が前に出る。」KOHEI(COLLAPSE) meets API TranZformer

日本のシューゲイズ・シーンで精力的に活動する COLLAPSE のベーシスト KOHEI 氏が、愛用するTranZformerについて語ってくださいました。 TranZformer既存ユーザー、そしてこれから最終ロットを入手しようと検討しているユーザーにも読んでもらいたい内容です。
オーディオ

「音の分離がよく、音圧による密閉感が減り、額の前後に音の色彩が広がるような感覚。」 鈴華ゆう子 meets 64AUDIO A6t

「和楽器バンド」でボーカリストをつとめる鈴華ゆう子さんに、64 audioのインイヤーモニター導入のきっかけお伺いしてみました。
よみもの

「 作りこんで整理整頓した、楽器本来の音+ちょっといじった音が欲しくて。」 休日課長 meets API TranZformer

「ゲスの極み乙女。」「DADARAY」「ichikoro」などのバンドで幅広く活動されている休日課長さんにインタビュー! API TrnaZformerを導入された経緯やセッティングに関して伺いました。
レコーディング

ポーランドに拠点を置くアウトボードブランド「Looptrotter」

Looptrotterはポーランドに拠点を置くアウトボードブランドであり、オーナーのAndrej Starzykはモジュラーシンセサイザーの開発からそのキャリアをスタートさせました。アナログ機材特有のキャラクターにこだわりを持った製品ラインナップが特徴の、アウトボードブランドです。 デジタルからアナログへと回帰した、珍しい経歴をもつ彼のアイディアを投入しMonsterCompressorは多くのスタジオで用いられ、SA2RATE 2は多くのクリエイターやエンジニア達の「秘伝のスパイス」として使用されています。
よみもの

【インタビュー記事】Shay meeets… SonoTone

日本で活動し、Nuitのギタリストとして活躍しているカナダ出身のギタリスト Shay Sawyer Lin 。 ライブでSonoToneを使用している彼女に、その使用感やインプレッションを伺いました。
レコーディング

Voyage Audio at 高円寺HIGH配信ライブ「Total Feedback 2020」

10/24と10/25の2日間、高円寺HIGHで開催された配信ライブ「Total Feedback 2020」。 そこで Voyage Audio の Spatial Mic が使用されました。
レコーディング

Voyage Audio at 高円寺HIGH配信ライブ「たをやめオルケスタ」

10/9、高円寺HIGHで開催された配信ライブ「たをやめオルケスタ “レディレディ”レコ発 配信ライブ」で、 Voyage Audio の Spatial Mic が使用されました。Spatial Mic はホーンセクションを中心に収音できるよう、フロアに設置されました。
よみもの

甲斐 莉乃(RAY) meets Pedaltrain Metro 20 (PT-M20-SC)

RAY メンバーの甲斐 莉乃さんのボードのセッティングに密着!
よみもの

【インタビュー】ギタリスト 増崎孝司 【 Benson Preamp Pedal】

今回は、ギタリスト 増崎孝司さんに、「ドライブペダル」のBenson Preamp Pedalのインプレッションを伺いました。
よみもの

世界中のエンジニアクリエーターに愛用されているAmphionモニタースピーカー

Amphionが使われている理由は?昨今は、クリエーター(作曲家、アレンジャー等)もある程度までレコーディングやミックスまで完結できる個人スタジオを持つ人も多くいます。 弊社でも、最近多くのミュージシャン&作曲家の個人スタジオにAmphionを導入しています。
よみもの

【インタビュー記事】ハタユウスケ with Pedaltrain Classic 2 (PT-CL2)

ペダルトレインの魅力とは?ハタ氏のエフェクターボードに対するこだわりや配線方法などをミックスウェーブプロオーディオのスタッフがインタビューしてみました。