ミックスウェーブの情報サイト

最新情報やコラムをお届け!

レコーディング シューゲイザー マイク

Voyage Audio at 高円寺HIGH配信ライブ「Total Feedback 2020」

レコーディング

 10/24と10/25の2日間、高円寺HIGHで開催された配信ライブ「Total Feedback 2020」。
そこで Voyage Audio の Spatial Mic が使用されました。

Voyage Audio / Spatial Mic

このイベントは「シューゲイザーの聖地」と呼ばれ、日本と海外のシーンを繋ぐイベントとしても有名です。
シューゲイザーと言えば空間系エフェクトを多用し、「音の壁」と呼ばれる轟音のギターサウンドが会場を包み込むのが特徴です。
今回、その空間の感じを配信でも伝えられないか?と言うのが Spatial Mic 使用のキッカケでした。

Spatial Mic は、搭載された最大8つのマイクで360°レコーディングできます。
USBやADAT出力では8ch出力しますが、今回はリアルタイムと言う事と、ルーティングの関係でステレオ出力から「バイノーラル」での出力となりました。
アンビエントマイクとして収音したサウンドを、各楽器から収音したラインのサウンドにミックスして、サウンドに「立体感」を与えます。

高円寺HIGHは名前の通り、天井が高いのが特徴でもあります。
2階まで吹き抜け状態で、スピーカーも吊るしてあるので音が降り注ぐようにフロアに飛んできます。

今回は実際に観客が入ったのと同じ条件で外音を出し、それを左右に配置した2台のエアーマイクと、中央に設置したSpatial Micで収音しました。

左右に配置した2台のエアーマイクと、中央に設置したSpatial Micで収音

見取り図で言うとフロアの中央後方、PA席の横に Spatial Mic が設置されました。(BARの前あたり)
実際にフロアにいたら、全体が一番見える位置ですね!
バイノーラルなので定位間がリアルで、単なるステレオとは違う圧倒的な立体感が生まれます。

Spatial Mic の真後ろに立つと、こんな感じ

ライブ前、出演者たちからも「配信となると自分のサウンドが平面的になってしまうのでは…」と心配している声が聞かれたので、その不安を解消できるツールになったのではと自負しています。

※ この配信は、2020年10月28日までアーカイブ視聴が可能です。
Total Feedback 2020/Tokyo Round

取材協力:
高円寺HIGH
Only Feedback Records / Total Feedback 2020

 [Total Feedback 2020]:
Only Feedback Record JCSS14-20
¥2,000(+TAX ¥200)
2020/10/21 IN STORE

Total Feedback 2020 trailer

使用機材

Voyage Audio
Spatial Mic

Spatial Micは、YouTube 360、Facebook 360等のストリーミングサービスでもVR映像と共に用いられることが多くなってきたAmbisonics技術に対応したマイクロフォンです。

今まで、4基のダイヤフラムを用いる1次オーダーのマイクは市場にありましたが、2次オーダーのマイクは高価であり、一般的ではありませんでした。Spatial Micは魅力的な価格帯を保ちつつ、1次オーダーの倍のダイヤフラムを用いて空間表現を更に補完する2次オーダーマイクロフォンです。